中古車でも良いものを選ぶ!購入の際に気を付ける3つのポイント

走行距離を確認しよう!

中古車は新車よりも安く車を買うことができるので、若い人にも人気があります。しかしいくら安くてもボロボロの車では仕方がありません。中古車を買う際にはいくつかポイントがありますが、まずは走行距離を確認しましょう。価格の安さにひかれて見てみると、走行距離が10万キロメートル以上のものがあります。走行距離が多いということはそれだけ使い込まれているということなので、壊れやすくなっていることは間違いありません。ですので出来る限り走行距離が少ない車を買いましょう。

中古車のお店の人の話を聞こう!

よく何かを購入するときにお店の人の話を聞かない人が多いのですが、お店の人の話は聞かないと損をしてしまいます。それは中古車選びでも言えることで、気になる車があったらお店の人に前のオーナーさんはどんな人だったんかや、事故歴などはないかなどのことを聞くと良いでしょう。お店の人は中古車のプロの方なので、我々ではわからないような知識を教えてくれたりアドバイスをしてくれたりします。気になる車があったらお店の人の話を聞いてみましょう。

気になる車を細かく観察してみよう!

ほとんどの中古車屋では、事故車や訳アリ車の場合はきちんと説明をしてくれますが、そんな優良な業者ばかりではありません。時には事故車であることを隠している業者もいるのです。そんな悪徳な業者に捕まらないために気になる車があればあらゆるところを観察しましょう。例えば事故車の場合、左右のドアの内側に使われているパーツが違っていたりするとその車は何らかの原因で修理した車である可能性が高いと言えます。そのような点まで細かく見ましょう。

ボルボの中古車は、新車よりも販売価格が安いという特徴があり、できるだけ購入費用を抑えたい場合に最適です。